2006年01月30日

サディスティック・ミカ・バンド 復活!

s_mika.jpgYahoo Newsによると、伝説のバンドがカエラで甦る → 木村カエラを新Vo.に迎えサディスティック・ミカ・バンド復活とのこと。きゃーすてき☆

キリンラガーのCMで2月から放送されるということですが、曲は"タイムマシンにお願い"とこれまたナイス。期間限定ということですが、ぜひともアルバム制作、ライブとガンガン活動しちゃって下さい。
17年ぶりの再活動ということで、当時木村カエラは4歳だとは‥。こっちの方がビックリしたりして。

キリンのCM情報サイトはこちら


posted by kisa at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

overdose / pizzicatofive

pf_overdose.jpg前回の"東京は夜の七時 / 野本かりあ"の流れで、ピチカート・ファイブ、オーヴァードアーズ(1994年)。福富幸宏さんによるRemix ver.の"東京は夜の七時"が収録されてます。

アルバム全体としてはハッピーチューン満載って感じですが、キーボードのループによるクールなハウスアレンジの"東京は夜の七時"があったり、ピチカートには珍しくRockな感じの"スーパースター"があったり、なんにしてもポップミュージックに関してはポケットがいっぱいあるっていうか、音作りのネタ&アイディアが豊富ですよね〜、小西さんは。
野宮さんのVo.も大人のキュートさを感じつつ、小西さんの作り出す様々な音といいバランスで共存してるのがナイス。
今聴き直して改めてスゴいなと感じまくり。

個人的には"日の当たる大通り"が一番すき。ミディテンポで、HappyともSadともとれるコーラスのメロディが自分のツボなのかも。
posted by kisa at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

東京は夜の七時 / 野本かりあ

karia.jpgiTunes Music Storeからの初エントリーは、"野本かりあ"さんの"東京は夜の七時(The First Cut)"。ピチカートファイブの名曲のカバー。しかも小西康陽さん自身のプロデュースですよっ。
小西さんは古巣コロムビアとプロデューサー契約を結び、新レーベル"columbia*readymade"を発足させたとのことで、この曲が第一弾シングル。

どーしてもオリジナルと比較されちゃうでしょうけど、自分は好きです。ストリングスガンガンの元気いっぱいなアレンジ。野本かりあさんのVo.とも合っててGood♪ オリジナルが"大人な女性"で、このリミックスは"今時の女の子"って感じかなぁ。歌詞もだいぶ変えてますし。(そんなとこがNGに感じる人も多いと思いますけど。)

とりあえず小西康陽さんの今後の活動には大注目です☆

columbia*readymade のサイトはこちら
posted by kisa at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

Raw Life Music / caravan

caravan_rlm.jpg自分がcaravanを知ったのは、イベント in the city TOKYO 2004でのRespect Ocean (@ SHIBUYA AX)。wyolica目的で行ったんで何の前知識も無かったんですが、気付いたら席を立って踊りまくり。ステージの上と下との一体感を強く感じるライブでした。で、イベント終わって速CD購入。

この "Raw Life Music" は彼の1stアルバム。
適度にゆるくて心地よいサウンド、前向きさが伝わってくる歌詞、そして心にすっと入ってくるVo.。男性Vo.では一番好きかも。
これまで好きなオンガクは、音作りに"醒めた感の美しさ"を感じることが多かったんですが、このアルバムは"優しさ"、"暖かさ"、"前向きさ"を素直に感じます。
個人的フェイバリットは、2曲目の "Think" 。無条件でHappyになれます。

caravanのofficial siteはこちら
posted by kisa at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

Love After Love / Yukie

yukie_lal.jpg1997年リリースのYukieの1stアルバム、Love After Love。ブルース感の強いR&Bな音作りに、Yukieのハスキーでありながらちょっと甘ったるい感のVo.が絡み、アダルトな雰囲気を感じる作品ですね〜。ナイトクラブでお酒を片手にライヴを楽しむなんてシチュエーションにぴったり♪

Yukieさんは翌1998年に2ndアルバムを出した後、表舞台からは姿を消していましたが・・・、wyolicaの who said "La La..."? tour 2000 にコーラスとして参加してたんですよっ!(との友達談。このツアー、自分は行けなかったんですよね。)最近の有坂美香さんといい、wyolicaのコーラスの方はナイスです。

90年代後半、自分の中では女性Vo.がブーム(FLAGSとかAkikoとかhalとかJenkaとか‥)だったんですが、今でも活動を続けてる方ってホント少なくなっちゃいました・・・(閑話休題)

で、フェイバリット・ソングはアルバムタイトルでもある最後の曲の"Love After Love"かな?
posted by kisa at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

Life / 小沢健二

life.jpgbounce.comによりますと、小沢健二、4年ぶりのニュー・アルバムを発表とのことです。しかも全曲ヴォーカルレスとのこと。
去年だか一昨年だか、カゴメのCMで"愛し愛されて生きるのさ"が流れてきた時もビックリだったけど、これまたビックリ。いったいどんなアルバムになるんでしょ?

で小沢健二といえばやっぱり "Life"。聴きまくりましたよ、ホントに。ポップでキャッチーでラヴリーでちょっと愛おしくって。今聴いて改めて名作だな〜って再確認。
もう小沢さんがこんなアルバムをつくること無いんだろうな、なんて思いつつ、新作楽しみにしてる自分がいたりします。
posted by kisa at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

pApAs fritAs

papas.jpgアメリカの男女3人からなる、パパス・フリータスのデビューアルバム(in1995 or 1996)。これはその日本版で、オリジナルジャケット & ボーナストラック1曲おまけのナイス盤。

これ買った時はパパス・フリータス?だれ?って感じだったんですが、"トラットリア・レーベル" & ジャッケットのかわゆさで即購入でした。

さてさてその中身は、インデーズ感、手作り感いっぱいのギター・ポップス。デモテープ?って感じの素朴さがありながら、エッジの効いたというかクリアな感覚のサウンドが独特の世界を作り上げてます。すてき。
後味すっきりで、聴くほどに幸せをじわじわ感じてくる、そんなアルバム。

official site(たぶんU.S.)では、メンバーの名前がカタカナで書かれてたりしててお茶目☆結構日本通かも!?

PAPAS FRITAS のofficial siteはこちら
posted by kisa at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

Intel Mac 発表!

intelchip.jpgでましたIntel Mac → iMacと、PowerBook改めMacBook Pro。PowerPCプロセッサと一緒に"Power"の名称もノートブックから消えちゃいました。となるとPower MacはMac Pro?iBookはそのまま?

ここ最近、iPod & iTunes関連のネタばっかりだったアップルで久しぶりのMacのニュース。いいもんです。筐体デザイン一緒、PowerPC搭載マシンも併売されるなど、intel swichの発表ほどのインパクトは無いですけど。
とにかく発表からわずか半年たらずでインテルマシンを発売したアップルに拍手。「intel inside」プログラムも非参加のようで♪
MacBook ProからFW800が消えたのは仕方ないのかな、と思いつつやっぱり残念‥。

あとはソフトウエアベンダーの方々、頑張って下さい。正直、開発者の立場からすれば、プロセッサの変更なんて手間が増える以外の何者でもないですものね。

個人的にMacBook Proに惹かれますが・・・も少し待ちかな?
posted by kisa at 21:19| Comment(0) | TrackBack(1) | アップル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

wyolica サイドバー

右サイドバーを、ワイヨリカ オンリーにしてみました。
一応、ワイヨリカ応援ブログってことで。

コンテンツはデザイン直し中なんで後ほどリンクしま〜す。

・・・以上、ご報告でした。
posted by kisa at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイヨリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

the first question award / cornelius

cor_fqa.jpgコーネリアスの1stアルバム、ファースト・クエスチョン・アワード。派手なジャケがナイス☆。

コーネリアスさんといえば、その後の "69/96" やら "FANTASMA" やらでは、アルバム毎にコンセプトを変えた音作りに取り組んでますが、この1stは前身であるフィリッパーズ・ギター路線のポップチューンが満載。今(この年でってこと)聴くとちょっと気恥ずかしくなっちゃうくらい。
でも、キャッチーなメロディ & サウンドでありながら「でもちょっと先のことはわからないよ」的な刹那なパッピーさを感じるんですよね。どこか醒めたような小山田さんのVo.もそれを増幅しているのかもしれませんが。

9曲目 "THEME FROM FIRST QUESTION AWARD" はキューピーマヨネーズのCMに使われてたんですが、未だにこの曲を聴くとおいしいサラダが食べたくなっちゃいます。まさにパブロフの犬状態。
曲のイメージと鮮やかな色彩の野菜がベストマッチだったんだろうな〜。

CORNELIUSのofficial siteはこちら
posted by kisa at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

SEVEN / COSA NOSTRA

seven.jpg2006年一発目は、COSA NOSTRAのSEVEN。ちょっとインパクトのある、赤系のジャケットを探してて、これを選びました。

COSA NOSTRAの音を一言でいえば、クラブシーン発のポップミュージックといった感じ?ですか。クールとキュート、両者が絶妙に融合している感覚がすごく心地いいです。ちょっと調べたんですが、先月アルバム "re-generation" をリリースしてたんですね。知りませんでした‥。買いますっ

で、この "SEVEN" 、個人的にCOSA NOSTRAの「バンド」としてのパワーを一番感じるアルバム♪(曲としては "JOLIE" とか "Share Your Love" とか初期の頃も好きですけど)。
タイトル通り曲数は7曲と少なめ。でもその分魅力がギュッと濃縮してます。
"Girl Talk"はホント名曲☆

COSA NOSTRAのofficial siteはこちら
posted by kisa at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

A.H.N.Y.2006

あけましておめでとうございます。
新年早々Happyな出来事があって、飲みまくりな正月です。

個人的に2005年はあっという間に過ぎ去った感が‥。きっと新しいチャレンジが無くてマンネリな毎日だったんですね。反省。
ということで2006年は"変革の年"に、と思いまして・・・

Blogデザインを変えてみました。(変革その1)

CSSを調べるのにいろんなサイトを見たんですが、おかげでCSSの他にもWeb2.0やらいろいろ勉強になりました。なにかを調べていくうちに、それに関するいろいろな知識を吸収できるのもwebのすごいとこかも。

自分の中でインターネットは、モノ調べ & お買い物のためのツールに成り下がっちゃってたんですが、テクノロジーの進化ってすごっ。これまた反省。勉強しなきゃ。
こう思えただけでもBlog始めたかいがあったというもんです。

この気持ちを一年続けていこうと思う、1月3日の夜でした。
posted by kisa at 21:09| Comment(0) | TrackBack(1) | デイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。