2005年12月07日

耳と目そしてエコー / MariMari

marimari.jpg自分がMariMariを知ったのは、1996年のMAXI Single "Everyday, under the blue blue sky" 。ジャケットがすてきだったのと「フィッシュマンズ プロデュース云々」の紹介文でレジへGo。浮遊感のあるサウンドにMariMariの色気あるVo.がからみ、休日の少し遅く起きた朝にどうぞ(?)って感じの曲でした。

そんな彼女の1stアルバム。MAXI Singleと同様、音数を抑えたキーボード、ギターにMariMariのナチュラルで艶っぽい声が独自の空気感を作り出してます。静なのになぜか暖かさを感じるというか。
皆で聴くのでも、大切な人と聴くのでもなく、一人で聴くオンガクって感じですね。今の季節にぴったり。
posted by kisa at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。