2006年04月06日

Boot Camp リリース!

boot_camp.gif

アップル、ホットニュースによると、IntelベースのMacでWindows XPの利用を可能にする「Boot Camp」のパブリックベータソフトウェアを発表、しかもこの機能は時期MacOSX「レパード」の一機能となる予定とのこと。

まさかアップル自らデュアルブートを可能にするソフトを発表するとは‥。Intel Macが発表されたとき、副社長フィル・シラーが「アップルはユーザーがIntelMac上でWindowsを動かすことを妨げない」との旨の発表をしてたので、わざと"一生懸命頑張れば"Windowsが起動可能なようにしといて、サードパーティーにソフトウエアを出させるのかなぁ〜、なんて思ってたんですけど。(マイクロソフトとの関係とかを考えて)

裏を読むと、アップルはマイクロソフトに対して最終カードを切ったのかなと。マイクロソフトのVirtual PCの自社ソフト化、Mac版IE、Windows Media Playerの開発中止、アップルのsafariの開発と、両社の関係はビミョーな感がありありでしたし。

MacOSX、Windows XPのデュアルブートが可能なら、最悪Mac版office、Virtual PCが開発中止となってもアップル的には大きなダメージはないでしょうし、逆に、Windowsからのスイッチ組を獲得するには最高のカードでしょうからね。株価も10%アップとのことで◎

最近はiPod+iTunesのメーカー的なアップルでしたが、とうとうMacについてもシェア拡大に乗り込んできた感じです。今後の動きにも要注目☆


posted by kisa at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アップル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック