2006年09月16日

wyolica Folky Soul Night 2 -レポ-

wyo_060915.jpg

1日経ちましたが、9/15のwyolicaライブの感想など。

ステージは前回"Folky Soul Night"に引き続き、1部はazumiちゃん+so-toくん、2部は+パーカッションのオオギミさんの2部構成。セットリストからわかるように前回以上に1部:しっとり、2部:Hotな曲構成でした。
azumiちゃんは1部はフェミニンな雰囲気なオフホワイトの膝丈スカートに、くるくる巻き毛。2部は膝丈パンツにホワイトシャツ+ベスト+ネクタイ、髪はアップ+ブルーのおっきなリボンとこれまた曲調に会わせた衣装といった感じ。so-toくんはTシャツ+ジーンズ+キャップで、Tシャツとキャップを変えてました、たぶん。

いつもながらso-toくんのギターにはほれぼれ。な〜んでギター一本であれだけの音を作れるのかなぁ?特に1部のギタアーソロとかかっちょよすぎです。

今回も新曲&カヴァーを演ってくれました。新曲タイルトルは「秋(仮)」。azumiちゃんは前日まで詩を書いていたとのこと。wyolicaの真骨頂とも言える、終わった恋の唄。サビのとこのファルセットがなんともステキ。詩もステキ。
カヴァーはカーペンターズの「close to you」。こういう英語の歌を聴くとwyolicaオリジナルでも英語の歌詞にチャレンジしてって思っちゃいますね。

びっくりだったのが、渋公で演った「カレイドスコープ」。個人的にはキャッチーな曲調とエレクトリカっぽいサウンド(渋公のときね)から「so-to作曲」っぽくないな〜と感じてたし、実際その後演奏されてなかったんで封印された曲!?なんて思ってたもんで。おまけにazumiちゃんのキーボードつき。弾いているとき横顔は真剣そのものでこちらまで緊張が伝わるくらい。その後ろ姿を優しく見守るso-toさんがまたステキ。

MCには時間を割いてファンとの対話に努めてたwyolicaさんですが(wyolica.net radioの収録もあったし)、wyolicaファンはちょっと大人しめ?で、azumiちゃんも「みんな反応うすいな〜」と悲しんでました。次回はノリノリでいきましょう☆

で、その次回ですが・・・「Folky night 3」が12/20におなじくduoで開催、そして SOFFet/wyolicaが11/16にLIQUIDROOMでイベントとライブ盛りだくさん♪
今回チケがソールドアウトってこともあって、次回のFolky night 3はテーブル席をやめるようです。これは自分も賛成。一部の人が環境いいよりもいっぱいの人が見れた方がいいですよね (・∀・)♪

待望の新曲(CD)は、「もうちょっとまってね(azumi)」「後ろの方のお偉いさんに念を送ってもらえれば早まるかも(so-to)」ということでしたので年内発表はなさそう(泣)
かといってネット配信だとS○NYのmoraだし〜。曲はあるのにCDが出せないって状況がなんともはがゆいです。早いとこiTSに参加してくれ。たのむ、S○NYさん‥。

と、最後はS○NYへの愚痴になってしまいました。
ライブ以外でも"yet to be"でのwyolica.net radioやコラムなど頑張ってくれてるwyolicaさんですが、やーっぱり新譜が聴きたいんですよ〜。CDで。


ラベル:wyolica
posted by kisa at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイヨリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。