2006年10月19日

メール いまむかし

mail_icon.jpgあいかわらず仕事で忙しい毎日・・・ということで仕事ネタでも。

先日、会社でメールの使用方法に関して↓こんなご通達が。(ちなみに左の画像はメールソフトで、会社のWinで使ってるAl-mailと、おうちMacのMail)

(1) メールのはじめに『先方の会社名 ・・様』とつけましょう。
(2) メールの返信、転送時には『送信アドレス』の記述を統一しましょう(複数に送るとき、名前、名前+様のように敬称に差が生じないようにしましょう)。
(3)差出人は、『漢字の氏名+<メールアドレス>』としましょう。

(1)、(2)はまーそんなもんでしょって気もしますが、どーしても(3)は違和感が生じちゃうんですよね。おやじなもので。

自分が電子メールを使いだした頃、現在ほど環境が整備されてなかったためいくつかの制約がありました。(今となっては死語?の『ネチケット』ってやつも含めて)たとえば・・・

(1)題名に漢字を使う時は注意(→文字化けの可能性あり)
(2)返信時など全文引用は控えましょう(→トラフィックが多くなる)
(3)機種依存文字の使用は注意(→文字化けの可能性あり:これは今もですけど)
(4)添付ファイルのエンコード形式には注意(→相手が対応していないと開けません)
(5)ヘッダフィールド(宛先・差出人)に2バイト文字(ひらがな、漢字)の使用は控えましょう(→文字化けの可能性あり)
などなど。
今となっては、添付ファイルを送るのにエンコード形式気にしている人なんていないでしょうし、全文引用したところで、トラフィックへの影響なんてたかが知れてますしね。

# そいえば昔、本文と関係ない話題はこんな感じで"#"を
# 使用して分けてたりしたんですけど、今使っている人
# いますか?

でもね〜、やっぱり自分の中ではヘッダフィールドの2バイト文字は気になっちゃうんですよ。使うんだったら、『name in alphabet / 漢字の氏名』みたいにアルファベット書いた後に漢字で書きたい、みたいな。
今となってはホント少数派なんでしょうね。こんなこと気にするのは。

周りでメールの差出人に『name in alphabet / 漢字の氏名』を使っている人がいたら『メールマナーの歴史』でも聞いてみて下さい。きっと熱く語ってくれますよ♪


posted by kisa at 00:45| Comment(0) | TrackBack(1) | デイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: AL-MailAL-Mail(あるめーる)は、有限会社クレアルの中村匡志が開発したMicrosoft Windows|Windows上で動くシェアウェアのメーラー|メールソフト。16bit版と32bi..
Weblog: APRソフトウェア辞典2
Tracked: 2007-12-18 20:10

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。